白熱電球と蛍光灯との違いは?LED電球の種類をチェック!!

LEDと白熱電球や蛍光灯を比較してみる

白熱電球は、100円ショップでも売られています。1個100円だけでなく、2個100円でも売られています。1個50円なのでかなり激安といえます。蛍光灯もそれほど高くなく、直線タイプの10ワットなら100円ショップで売られています。丸型だと2つセットで300円から500円ぐらいで購入できます。ではLEDの照明器具はどうかです。非常に幅があるので一概には言えませんが、電球であれば安いものなら数百円で買えます。ただ高いものもあり、そちらは数千円します。価格が違うとそれなりに性能も異なり、安いものだとあまり長く使えない可能性があります。ただ、電気代で見ると白熱電球はかなり割高で、LEDと蛍光灯は同じくらいの明るさなら大きな違いはありません。

電球にはいくつかの種類がある

白熱電球や蛍光灯が組み込まれた電球を使うと、取付けた周辺全体が明るくなります。天井などに取付けると、まずその下の部分を照らしてくれます。それ以外に天井なども照らしてくれます。部屋全体をまんべんなく照らしてくれます。LED電球を使った照明にはいくつかの種類があります。登場した時は、主に下方向のみを照らすタイプでした。照明器具の真下は明るいが、天井や周りはあまり明るくありませんでした。最近は問題を改善したLED電球が出てきているので、白熱電球などと同様に天井や真下以外の部分も明るくしてくれます。真下しか照らせないときは白熱電球の方がいいと考える人もいましたが、周りが照らせるようになってLEDを選ぶ人も増えています。

LEDライトパネルはポスターなどを入れることの出来る薄型の電照パネルで、夜間でも内部が光り広告効果があります。