金属製品の安全管理は適切なサビ除去から!酸洗いの仕組みや手順を把握しよう!

金属製品が汚れることで生じる弊害と除去の方法

金属製品は様々な材質で作られていますが、経年劣化や使用環境の影響によってサビが生じることがあります。サビは放置すると周辺部分の著しい劣化に繋がり、製品の重大な不具合を引き起こす可能性があります。サビは鉄製品に生じるイメージがありますが、鉄を使わない金属製品でも環境が悪いとサビが発生することがあります。サビによる劣化は金属製品の品質を大きく損なうので早期の対処が不可欠です。サビの除去は強い酸性の薬剤を使って洗浄するのが一般的な方法です。ねじ止めや溶接した部分など、ブラシなどの掃除用具では除去できない部分に生じたサビでも酸洗いを行うことで効率的に洗浄することが出来ます。また、研磨や切断などは行わないので金属製品を不用意に傷つける心配が無いのも酸洗いの利点です。

酸洗いを行った後の金属製品の管理について

酸洗いは金属製品のサビや汚れを効率的に取り除くことが出来ますが、その一方で金属製品に施された塗装やコーティングも剥がれてしまうことがあります。金属製品はコーティングが施されていないとわずかな傷からでもサビが発生してしまいます。また、油や塗料などの汚れがこびり付きやすくなるので、酸洗いを行った後の金属製品はすぐに塗り直しやコーティング処理を行うことが大切です。酸洗いに使う薬剤によっては金属製品を傷めてしまうこともあります。そのため、金属製品にサビや汚れが付かないように予防策を講じるのが長持ちさせるための工夫です。特に製造現場や潮風が吹く環境に置かれている金属製品は傷みが生じやすいことから、酸洗いとコーティング加工の重要性を正しく理解することが重要になります。

酸洗いとは、金属加工に不可欠な処理です。金属の熱処理などによって生じたサビなどの酸化物を、硫酸や塩酸といった酸性溶液につけて除去・洗浄します。