今だからこそ太陽光発電!たった今導入するメリットを考えよう

太陽光発電を今導入するメリットは売電価格の高さ

太陽光発電は家庭用のものも普及し、地域によっては屋根の上にたくさん載せられている姿を見かけるでしょう。太陽光発電は今だからこそ導入するメリットがあります。国が主導して太陽光発電によって生み出された電気を高額で買い取ってくれるシステムができているのです。太陽光発電で作った電気は自宅で使うこともできますが、余った分は電力会社を通して売却できます。その価格が10年にもわたって固定されるという保証が付いているのが現状です。毎年少しずつ売電価格が下がってきてしまっているので、一年でも早くパネルを設置した方がお得でしょう。売電価格が高いうちなら元を取れる可能性も高いので、今すぐにでも検討した方が良いのです。

補助金があるのも今のうちかもしれない

太陽光発電はクリーンなエネルギーとして知られています。石油や石炭を燃やして電力を生み出す火力発電が日本では主流ですが、二酸化炭素などの地球環境に有害な物質を大量に発生させているという問題があります。核を用いる発電も行われていたものの、長期的に見ると放射性廃棄物が大きな問題となることや、事故の際に大きな問題が発生するリスクが高いことから操業を中止する方向に向かっています。しかし、現代的な生活をする上では十分な電力が世の中に供給されなければならないのは確かです。そのため、自治体が補助金を出して太陽光発電パネルの設置を促しています。補助金も今は大きな金額ですが、将来的にはなくなってしまうかもしれないので早めに設置するのが重要です。

家庭から排出されるCO2を削減する為に、再生可能エネルギーの活用が推奨されています。その一環として、太陽光発電を名古屋市でも奨めていて、住宅の低炭素化や省エネルギー化に繋がると期待されています。