フランチャイズを開くときに必要なこととは何か

まずはフランチャイザーを決める

フランチャイズ契約は、最初からフランチャイザーの看板や商標などを利用することができるため個人経営よりも黒字になりやすい傾向があります。そのため、フランチャイズ契約に興味がある人も少なくないでしょう。フランチャイズ契約をする場合には、まずフランチャイザーを決めることから始めなければなりません。例えば、コンビニエンスストアを開く場合にも、いくつかのフランチャイザーがありますので、その中から一つ選ぶことが必要です。

この時のポイントは、単にお金だけで選ばないことです。フランチャイザーを選ぶときには、どれだけ金銭的な負担が大きいかも確かに重要です。ですが、それ以外にも選ぶための条件はあります。例えば、アフターフォローがしっかりしているところや、まだそれほど全国的に展開していないけどもこれから伸びるかどうかといった点にも注目です。

どれぐらいのお金がかかるのかを知る

フランチャイズ契約をする場合、一体どれぐらいのお金がかかるのか気になるところでしょう。一般的には、フランチャイズ契約をする初期の段階でかかる費用は加盟金や研修費用などがあります。加盟金は、フランチャイザーにもよって異なりますが、コンビニエンスストアの場合には100万円から500万円ぐらいになることが多いです。有名なところほど加盟金が高い傾向にあります。

研修費用とは、フランチャイズを開くにあたり事前に研修を行うときの費用です。内容は、フランチャイザーの方でお店の経営の仕方や商品の使い方などの説明をオーナーにしていきます。そのときの費用ですが、およそ10万円から30万円ぐらいになることが多くなります。

フランチャイズ募集の広告は安定した収入を謳うものが殆どです。しかし、契約時の加盟料や規約の内容を吟味しないと希望する収入を得るのは困難なので、知名度や金額に惑わされず、慎重に考える必要があります。