こんな方法も!?フックの特徴を知って有効活用しよう!

いろいろな用途に使えるS字フック

室内を整理整頓するときにフックが重宝することは少なくありません。フックにはいろいろな形状やサイズがあるため、用途に合わせて準備すると良いでしょう。S字フックもその一つで、こちらは文字通りSの形をしたフックで台所のシンクの上などちょっとした空間を有効活用できて大変重宝します。色や素材はもちろん、長さもいろいろなタイプがあるため、掛ける場所に合わせて選ぶと便利に使えます。

カーテンのふさかけには意外な活用方法も

カーテンのタッセルを掛けるふさかけもフックの一つです。住宅によってはふさかけが付いていないところもあるため、入居後に付けると良いでしょう。ふさかけはコード類をまとめるためにも役立ちます。例えば、モデムからパソコンへの距離が遠い場合、コードの処理に困ることも出てくるかもしれません。そんなときは、ドアの上部などドアの開閉に支障をきたさない場所や足を引っ掛ける恐れがない場所にふさかけを複数付け、紐でコードを縛る方法があります。

賃貸住宅では原状回復できることが大事

フックはホームセンターで購入できるほか、100円ショップなどで入手することも可能です。フックの購入に際しては、使用目的に合ったものを選ぶことが大事なポイントです。そのためには値段だけでなく、強度などを意識するのは言うまでもありません。また、ふさかけのように接着して使うものは、賃貸住宅では原状回復できるように配慮が必要になります。フックの便利さを有効活用するためにも、フックの使い方などもきちんと把握しておきましょう。

工業用フックは重量物を吊り下げるために使う設備なので、わずかでも変形やサビなどの不具合があってはいけません。また、規定の重さを超える物品を吊り下げるのも劣化を早める原因になるので避けます。