CADとはいったい何か?どんなことができるのか?

CADとはどんなソフトなのか

企業の事業内容によって導入したほうがいいCADとは、簡単に言うとパソコンで設計図をはじめとした様々な図面を描くソフトを指します。設計できる内容としては住宅をはじめとした建造物ばかりではありません。自動車や服飾、化粧品のボトルといった多種多様な物が設計できるようになっています。昨今では3DCADも存在し、実際に作ってみたらどうなるのかをパソコン上で表現できるソフトも登場しているため、実際に作ってみる前にCADである程度表現してから、製作に入る企業も増えてきました。
製作をはじめとした多角的な企業で採用されやすい内容となっていますが、ソフトによってできることが違うため、自社に必要となる内容かどうか、事前に確認してから導入してください。

CADでどんなことができるのか

CADでできることとして一番に、手書きの製図よりも簡単に製図ができることが挙げられるでしょう。均一な線を描くのは、手書きでは熟練したスキルがなければできませんが、CADを使えば簡単にできます。なお、手書きの図面をスキャナーで読み取り、CADで編集することもできるソフトも存在しているため、手書きの古い図面をCADのデータで保管することも可能です。
図面の修正も簡単にできるため、手書きの図面を失敗したときのように修正の作業時間がかからず、スムーズに図面を仕上げることができます。
また、データの保管・複製が簡単にできるばかりでなく、コンピュータのサーバーで保管して各部署での共有を行えるため、郵送する必要がなく便利です。複数人で同時に図面作製や修正を行えるため、取引先とのデータのやり取りに最適といえます。

水道CADとは、水道工事に関する各種製図に特化したソフトのことです。立面図や配管図などを、自動で作成することが可能となっています。